HDMIのバージョン(規格)の違いとは?

カテゴリー:ケーブルコメント

HDMIの規格は「HDMI Licensing」という団体が作っていて、2002年にHDMI規格が策定されて以来、性能や機能追加されています。

HDMIバージョン比較表

HDMIのバージョンの違いは?

HDMIバージョンによる違いですが、大きく分けると

  • 音声や映像(解像度)の性能アップ
  • 3Dや機器間制御などの機能部分対応の有無

の違いが挙げられます。

音声や映像(解像度)の性能アップ

2002年にHDMI規格が策定されて現在に至るまでDVDからブルーレイに、サラウンドは5.1chから7.1chにと進歩し続けています。進歩に対応するためにHDMIの規格も対応しています。2013年に策定されたHDMI2.0では4Kに対応しました。

3Dや機器間制御などの機能部分対応の有無

音声や映像の伝送対応の他に便利な機能も追加されています。主な便利な機能はバージョン1.4に策定されていますが、HECやARCといった使い勝手が向上する機能が追加されています。

バージョンが違ってもコネクタ形状は同じ

HDMIバージョンが異なる場合でもケーブルやコネクター形状は変わっていません。

参考になった方はシェアしてくださると嬉しいです!