AVアンプTA-DA3600ESを専用室用に購入した

カテゴリー:ホームシアター専用室, 検討編コメント

AVアンプの購入を検討した結果SONYのTA-DA3600ES購入しました。

TA-DA3600ES

AVアンプを選ぶときのポイントとしたのが、

  • 入出力端子の豊富さ
  • チャンネル数
  • 予算
の3点です。

入出力端子の豊富さ

AVアンプには映像や音声信号の切り替え機能(セレクター)がついています。セレクター機能があることによってPS3やブルーレイレコーダー、ケーブルテレビのチューナなどの入力側とプロジェクターや液晶テレビの出力側を簡単に切り替えることができます。 出力側に必要なのはプロジェクター用のHDMI端子、入力はしばらくはPS3用のHDMI端子のみです。入力側はもしかしたらゲーム機やレコーダーが追加になるかもしれないので余裕をもって入力端子が4端子以上ある機種に限定しました。 HDMI出力は1系統のみとしました。もしかしたらテレビを追加するかもしれませんがその時はAVアンプを入れ替える時期ぐらいだと思います。

チャンネル数

スピーカーの構成は5.1chを考えているので最低5.1ch鳴らせるAVアンプとしました。ブルーレイに収録されているフォーマットでは7.1chもありますが、7本のスピーカーを置けるほどの大きな部屋でもないので必要ありません。

予算

AVアンプに掛けられる予算は5万~7万円です。価格コムなどで見てみるとヤマハやデノンなどからもAVアンプがラインナップされていますね。安いAVアンプならば3万円~あり高いモデルだと30万円(!)とピンキリです。

ソニーのAVアンプ TA-DA3600ESを購入した

予算や入出力の豊富さ、価格コムでの評価の高さ、あと雑誌などでソニーの音場補正機能が評判よかったので決めました。 購入先は価格コムや地元の量販店など調べましたが、ちょうどアバックのセールがやっていて約55000円で購入することができました。在庫がないとのことで2週間後に到着予定です。今から楽しみです!

参考になった方はシェアしてくださると嬉しいです!