Apple TVのリモコン(Apple Remote)を学習リモコンに記憶させた

カテゴリー:Apple TVコメント

リビングでApple TVを設置して使用しています。テレビやレコーダーなどの操作機器はすべてソニーの学習リモコンに記憶させて使用しています。Apple TVはiPadで操作することがほとんどなんですが、念のため学習リモコンにも登録しました。

Apple Remoteを学習リモコンに記憶させる

使っている学習リモコンはソニー製RM-PLZ530Dです。このリモコンをApple TVでも使用できるように設定します。設定は2つあり

  • 今使っているApple Remoteの信号を学習リモコンに記憶させる
  • Apple TVに新しいリモコンとして追加する

現在使用のApple Remoteがあれば学習リモコンに記憶させるという方法が一番ですが、なくしてしまった場合にはこの方法は無理です。 新しいリモコンとして追加する場合はApple Remoteのボタンある十字キー、menu、再生/一時停止の他に早送り、スキップなど細かい操作をボタンに記憶させることができ、DVDプレーヤーのように細かい操作ができるようになります。

Apple Remoteの信号を学習リモコンに記憶させる方法

Apple TVに付属しているApple Remoteと学習リモコンを向かい合わせ信号を記憶させていきます。

学習リモコンに登録

学習リモコン側は「SET」ボタンを2秒以上押したまま記憶モードにしておきます。 チューナーが開いていたので選択し十字キー、menuは◎、再生/一時停止はリモコンの再生ボタンに設定しました。 自分が使いやすいくなるように記憶することができます。記憶時間は5分程度で行えました。

Apple TVに新しいリモコンとして追加する

現在使用しているApple Remoteとは新たにApple TVにリモコン追加する方法です。テレビに使用しているリモコンをそのまま登録してしまうとテレビとApple TV両方操作してしまうことになるので学習リモコンで操作機器が切り替えできるようになっているリモコンで登録しましょう。
Apple TV設定画面から一般選択します。

一般設定を選択する

リモコンを選択します。

リモコンを選択する

新しくリモコンを追加するので「リモコンを追加」を選択します。

リモコンを追加を選択

確認画面が表示されるので「開始」を選択します。

開始を選択する

新しいリモコンで画面に表示された矢印、SELECT、MENUを登録したいキーを次々押していきます。

画面表示にそって登録

無事設定できました。画面の手順に沿っていくだけなので簡単ですね。

追加リモコンの設定完了

そのままOKを押し設定を終了させてもいいのですが、下の項目にある「再生ボタンを設定」を選択することでApple Remoteで細かい操作が出来ないスキップや早送りなどのボタンを割り振り登録することができます。せっかく学習リモコンに登録するのでこの設定もおこなっておきましょう。

スキップなどを登録

学習リモコンを登録すると

AppleTVに学習リモコンを登録することで一台のリモコンを操作できるようになりごちゃごちゃしなくなりました。Apple Remoteのデザインは好きなのですが、日々の使い方を考えるとこの方法で使用しています。操作も細かくできるようになっておすすめですよ。

参考になった方はシェアしてくださると嬉しいです!