シアター用とプレゼン用プロジェクターの映像を比較してみました

カテゴリー:プロジェクターの基礎知識コメント

以前の記事でシアター用とビジネス用のプロジェクターでは色々な点が違いが有るということを説明しました。

では、画質はシアター用とプレゼン用でどれだけ違うのかを試しに実験してみました。

シアター用とビジネス用プロジェクター画質を比較してみた

比較に使用したホームシアタープロジェクターは JVC DLA-X3です。
メーカーホームページ:JVC DLA-X3

DLA-X3

一方のビジネスプロジェクターは EPSONのEB-900です。

メーカーホームページ:EPSON EB-900

EPSON EB-900

2機種のスペック比較

DLA-X3とEB-900のスペック比較は下記のようになります。

  EB-900 DLA-X3
輝度 3000lm 1300lm
コントラスト比 2000:1 50,000:1
液晶パネル画素数 1024×768 1920×1080
レンズシフト なし あり

同じ環境となるよう同じ画面幅、同じHDMIケーブルを使用しました。再生機器はPS3です。

画面比率の違いを確認

それでは早速比較してみましょう。まず、ビジネスプロジェクターEB-900は画面比率が4:3となっており、正方形に近い光が投影されます。

ビジネスプロジェクター光

一方のホームシアター用プロジェクターDLA-XはブルーレイやDVDに合わせワイド(16:9)の光が投影されます。

ホームシアター用プロジェクター光

ホームシアターメインならもちろんホームシアター用プロジェクターを選んだ方が無断な余白がなくなり、映像をスクリーンにピッタリあわせることができます。

色が豊富な映像で比較

サンプル映像の中で色が豊富な映像で比較してみました。

シアター用DLA-X3の映像

DLA-Xの映像

ビジネス用EB-900の映像

EB-800の映像

映像の大きな差が出ています。明らかにDLA-X3の方が高画質ですね。色が豊かで赤や緑のバランスがよく、ナチュラルな色使いとなっています。

一方ビジネス用のEB-900は全体的にぼんやりとした画像となってしまい、メリハリがなくなっています。

暗めの映像で比較

サンプル映像の中で暗めの映像で比較してみました。

シアター用DLA-X3の映像

DLA-Xの映像

ビジネス用EB-900の映像

EB-800の映像

DLA-X3の方は映像の黒色の部分がしっかり黒色なのに対し、EB-900の方は白色に近いグレー色になっています。

シアター用とビジネス用では画質が大きく違う

今回映像を比較してわかったことはビジネスプロジェクターとホームシアター用プロジェクターでは画質に大きな差があることがわかりました。

ホームシアター用途であれば画質を重視するためEB-900では物足りないとおもいます。DLA-X3と比べると雲泥の画質の差を体感することができました。

参考になった方はシェアしてくださると嬉しいです!