プロジェクターのメリット、デメリットとは

カテゴリー:プロジェクターの基礎知識コメント

プロジェクターを導入する上でメリット、デメリットを簡単にまとめてみました。

メリット

プロジェクターのメリットは以下の通りです。

100インチ以上の大画面が手軽に楽しめる

一言で言えば、「手軽な大画面」です。プロジェクターならば80~120インチ以上の大画面を家庭に導入することが可能です。00インチの液晶テレビだと約100万円程度の導入コストがかかりますが、プロジェクターであればプロジェクター本体とスクリーンで10万円以下で導入することも可能です。

映画館のような雰囲気を再現できる

プロジェクターの性質上部屋を暗くする必要があります。映画館のように部屋を暗くして視聴することにより

映像に集中できる

部屋を暗くし、映像だけが見える環境となるので目障りになるものがなくなり映像に集中できます。そのためコンテンツに没頭できます。

デメリット

プロジェクターのデメリットは以下の通りです。

部屋を暗くしないと映像が見れない

照明の明るい部屋では、映像がほとんど見えません。またプロジェクター本体とスクリーンの間に障害物があったり、人間が歩いたりすると、映像が遮られて映らなくなります。

スクリーンとプロジェクターの距離がある程度必要

プロジェクターとスクリーンの距離が映写サイズによって必要になり、導入時にしっかりと検討する必要があります。最近では短い距離でも大きいサイズを投影できるモデルも 増えてきましたがまだまだだと思います。

再生機器が必要になる

一部のプロジェクターを除いたほとんどのプロジェクターには地上デジタルチューナーやブルーレイプレーヤーも内蔵されていません。そのためプロジェクターとは別途DVDプレーヤーやブルーレイプレーヤーなどの再生機器を用意しHDMIケーブルなどで接続する必要があります。

参考になった方はシェアしてくださると嬉しいです!