HDMI CECとはテレビやレコーダーなどの機器間で制御信号をやり取りするリンク機能

カテゴリー:ケーブルコメント

HDMIケーブルやHDMI搭載機器のカタログなどに記載されている「HDMI CEC」という機能はどのようなものなのでしょうか?

HDMI CECは機器間を制御するリンク機能

CEC(Consumer Electronics Control)とはテレビやレコーダーなどの機器間で制御信号をやり取りすることにより、お互いを操作するリンク機能の事です。例えば、テレビからブルーレイレコーダーの電源をONにしたり、予約録画が可能になります。

もともとHDMIケーブルは音声と映像を伝送するためのケーブルですが、利用者の使い勝手向上を目的にCECが策定されました。

CEC機能を各家電メーカーが採用している

各AVメーカーは積極的に採用しており、パナソニックの「ビエラリンク」、ソニーの「ブラビアリンク」、東芝の「レグザリンク」といった名称でカタログなどで説明されています。

異なるメーカー同士だとリンク機能が働かない可能性がある

統一規格であるHDMIに準拠したテレビとレコーダー同士であっても、メーカーが異なる機器を組み合わせた場合、できる機能とできない機能が発生します。これは各メーカーでっ独自に拡張している機能があり、テレビはパナソニック、ブルーレイレコーダーはソニーと異なるメーカーの場合、すべてのリンク機能を使用することはできません。

ただし、HDMIの規格上、リンク信号を統一させた「共通コマンド」がきまっているため下記の機能は別メーカー間でも使用可能となっています。

ワンタッチプレイ

レコーダーの再生ボタンをオンにすると、電源オフだったテレビが自動的に電源オンし、入力が自動的にレコーダーに切 り替わって、レコーダーの映像を再生する機能。テレビの電源オンや入力切り替えの作業が不要になる。

ワンタッチレコード

テレビ画面上で録画ボタンをオンにすると、現在テレビで視聴中の番組がレコーダー側に自動的に録画される。レコーダーのチャンネルをテレビのチャンネルに合わせる必要がない。

システムスタンバイ

テレビの電源をオフにすると、レコーダー(及びHDMI接続された周辺機器)も連動して電源オフにする機能。電源の切り忘れなどを防止できる。レコーダーで裏番組を録画中の場合などは、録画が中断されることはない。

タイマープログラ ミング

テレビ側のEPG(電子番組表)で録画予約をすると、その予約情報が自動的にレコーダーに送られ、レコーダーを操作することなく予約設定が完了する。

プリセットダウンロード

チャンネル設定が完了しているテレビに、新規購入したレコーダーをHDMI接続した場合、テレビのプリセット情報をレコーダーが受信し、同じチャンネルを自動設定する。

参考になった方はシェアしてくださると嬉しいです!