ソニーのブルーレイレコーダーBDZ-AT700を購入した

カテゴリー:リビングでホームシアター, リビング検討編コメント

引越しを機にレコーダーも心機一転入れ替えました。
機種はSONYのブルーレイレコーダーBDZ-AT700です。

ソニーのブルーレイレコーダーBDZ-AT700

BDZ-AT700

今までは東芝のDVDレコーダーを使っていましたが、初めてのDVDレコーダー購入だったということもあったのですが、起動が遅かったり、番組表の表示が遅かったり、操作がわかりづらかったりと言った点がちょっと不満でした。そのかわり、編集機能が充実していたりネットワークにいち早く対応していたりとトータルでは満足していましたけど。
ブルーレイレコーダーへ買い換えるにあたって希望する機能は

  • HDDの容量は500GB以上
  • 裏番組も同時録画したいのでWチューナーは必須
  • 電源ONからの起動が早い
  • わかりやすい操作画面
  • DLNAサーバー対応

という点です。

希望にあったレコーダーを購入!

すべての条件を満たしていたブルーレイレコーダーがソニーのBDZ-AT700しかありませんでした。起動が早かったり、容量が大きかったりというのは他のメーカーでも出ていましたが、DLNAサーバー機能がついている機種となると上位機種のみだったりとかなり機種が借りられていました。 その点、ソニーのラインナップは下位のモデル以外はDLNAサーバーに対応していたのでこちらの希望と合致していました。なぜそこまでDLNAにこだわるのかはもう少し先の話で…。
購入したのは地元のケーズデンキです。フレッツ光の新規申込と同時購入だったので40000円お値引きで購入できました。(こんなことで儲かるのかな?)引越ししてからセッティングしようと思います。

参考になった方はシェアしてくださると嬉しいです!